「そもそも」を使って深く問うていく

以前、「ヒントへの感度」という記事を書きました。

その時、ヒントを得るためのコツとして、
「明確かつ効果的な問い」を持つこと
を挙げました。
この、明確かつ効果的な問いとは何かについて、
今日は深めます。

「明確な問い」は、明快で分かりやすい問いでよいとして、
「効果的な問い」とは何なのでしょうか?
私は、「より抽象度の高い問い」をその定義としています。

では、問いの抽象度を高めるにはどうしたらいいのでしょうか?
私は「そもそも」という言葉が役に立つと考えています。

私の例を参考にしてみましょう。
私は、プロモーションクリエイターとして、
お客さん、モノ、街をプロデュースするために、
Webサイトからポスター、動画、写真など
様々な制作物を作っています。
私が何かを作るときによく考えていたのは、
「効果的な制作物を作るためにはどうしたらいいだろうか?」
という問いでした。

この問いの抽象度を上げていきます。
ここで「そもそも」の登場です。
「そもそも、なぜ効果的な制作物を作るのか?」
→「より多くの人に興味を持ってもらうため」
「では、多くの人が興味を持つとはどういうことか?」
→「魅力的であるということ」
「では、魅力的な制作物とはどういうものか?」
→「・・・・・・」

ここで答えに詰まってしまいました。
こうして、これからは「魅力的な制作物とはどういうものか?」
について考えて日々生活していきます。
この問いは抽象度が高いため、
日常の色んなものをヒントにすることが出来ます。
例えば、身の回りや芸能人でモテている人、流行っているアイドル、
最近盛り上がっているゲームやアニメ
などなど、人がたくさん集まるものはそれだけ「魅力的」という事ですから、
魅力的なものを分析して、それを制作に活かしていけばいい。

と、いうように「そもそも」を使ってよりよい問いを作ってみました。
実際、私がこれまで持っていた問いである
「効果的な制作物を作るにはどうしたらいいか?」
という問いは、少しピントがぼけていて、ヒントも見つけ辛かったです。
「そもそも」を使うことで、
「魅力的な制作物とはどういうものか?」
という問いへと昇華させることができ、
「魅力的」という言葉が明快であるため、
日常からのヒントも得やすくなりました。

魅力的というキーワードからある程度ヒントが集まれば、
もう一度「そもそも」を使って問いを深めていきます。

何か詰まっているという方がいたら、
一度「そもそも」という言葉を使って自分自身と向き合ってみるとよいでしょう。

気づきが得られるブログの作り方

自己満より、気づいてもらうブログがいいよという話

ブログで人の抽象度を高める
だから、日々の気づきを発信して、
読んでくれた人の視座を高めるようなブログを書くと良いよ

世の中、気づいたことを言ってる人は多い
そういうブログは割と多い

でもそれだとまだ弱い

実際、アクセスも集まってないし、
それは何が違うのか?

気づきというのが、自己完結している

つまり、結局日記になっている

ブログというのは、自分の活動記録ではない

そういう風に書いている人、そういう目的ならいいけど、
ブログを通じて商品やサービスを売るなら、
ただの自分の活動報告ではなく、
読んでくれた人との関係性を作っていくのなら、
活動報告では、読み手としては他人のただの独り言

読んでくれた人と関係性を深めるには、
他者に問いかけることが必要

ちょっとむずかしいけど、
その人も、自分がやった経験を疑似体験してもらい、
ブログを読むことで同じように抽象度が上がる体験をしてもらう

それが関係性を作っていくブログには必要

じゃあどう書いたらいいか?
自分が気づきを得るプロセスと同じで、
気づきを得るときはアンテナを立てている

どうしたら今のお客さんに自分が持っているコンテンツをもっと理解してもらったり、
お客さんが成長してもらえるのかとか、一日のテーマを持って情報発信をしていると思うが、

まずそこが最初

だから、記事の最初に、読者さんにアンテナを立ててもらう必要がある
だからタイトルで、
「成功するための3ステップとは?」みたいな問いかけを作ったり、
リード文でいきなり「~~があって、」ではなく、
「今日は、~~についてやります、なので、みなさんもそれについて考えながら読んでほしい」と語りかける

こういう映画を見て、
そのシーンを見た、
そのときに気づきを得た

という風に、書く。

書いてもらった内容で、読者さんが気づきを得られるかどうかは、
話すテクニックや書き方の具体的なものが必要

まずは、アンテナを立ててもらう
そのためにタイトルやリードをよくよく考えることが必要

ヒロアカを見て感じた「個性」について

僕のヒーローアカデミアというアニメを見た

何を感じたか

無個性の人なんていないんじゃないかということを、改めて思いました

どういうことか?

個性というのは相対的なもの

みんながみんな、何かが好きだったら、それは個性にならない

みんながみんな、呼吸をしている
呼吸をしているから、呼吸をしている事は個性ではない

みんながみんなやっていることは、個性ではない

個性とは相対的なもので、みんながみんなそうではないからこそ、それが個性になる

つまり、個性が無い人なんていない

僕はカメラで写真を撮ることが好きで、個性だと思っている

それはどうしてか?
カメラに興味が無い人っている

僕がどんだけ、一眼レフについて語っても、
カメラに興味が無い人だっている
だけど、カメラで写真を撮る人が必要

そういうのを気にせず、取られる人がいる

そういう人がいるから、僕らはカメラマンを名乗れる

興味が無い人がいるからこそ、興味がある人が個性になる

みんながみんな、カメラに興味があったら、カメラを知っている事は普通
一眼レフについて知っているのがふつう

このアニメは、全人類の8割が「個性」を持って生まれてきている
このアニメで言う個性とは、一つの特異体質
ワンピースの悪魔の身の能力を持った人が、生まれながらにしている

巨大化したり、炎を吐いたり、液体化したり
そういう人が生まれながらにいて、
そういう特異体質を持った人が、全人類の八割いる状態
その特異体質のことを「個性」と呼んでいる

その個性を使って悪いことをする人がいる
その個性を持った人に対抗する人がいて、
それがヒーローと呼ばれ、捕まえたら政府からお金がもらえる

主人公もヒーローに憧れ、ヒーローになりたい!と思う
しかし、その少年は個性がない

全人類の8割が個性を持っているのにもかかわらず、
個性という特異体質が無い

そんな主人公がこれからどうするのか
そんな主人公でも、ヒーローを目指している
これからどうなっていくのがこれからの注目

ゼ人類の8割が個性を持った社会の中で、
特異体質が「ない」ことが個性
クラスの1人だけ個性を持っていない

それって、超個性
逆に、個性が無いことが個性
っていうよく分からない状態

それは、個性が相対的なものだから

みんなが個性を持っているから、個性が無い自分が個性

それが、どうやってヒーローになっていくのかがこれからの見どころ

まとめると、個性は相対的なもの
だから、あなたにも個性は絶対にある

このアニメは、デフォルメされて、能力を持っていることが個性とされているが、
現実世界では、自分の好きなものであったり、自分のできること、自分がやっている仕事っていうのは
凄い珍しい、個性

普段周りが、付き合っている人たちは同じような人が集まってくる
その中では、個性とは思えないかもしれないけれど、
付き合っている人の中から一歩外に出れば、それは個性になる

例えば、高校生として学校生活を送っていると
高校生であるということが、別に個性ではないと感じられるが、
一歩外に出て、地域の集まりとかに行くと、おじいちゃんおばあちゃんがたくさんいて、若いことが個性になる

高校という中にいると、18歳であるという年齢は、
周りが18歳だからなんともないけれど、
周りが60代70代の中に行ったら、超珍しい

だから、自分が個性を見つけたいと思ったなら、
普段のコミュニティから抜け出すことが大事

一歩外に出て、
会社のインターンに行ったり、セミナーに行ってみたり、
普段の付き合いはもちろん大切だし、どんどん進行を深めればいいが、
それをホームとして据えた上で、外に出てみるっていうことが、
また一つ発見になるのではないか

付き合う人を変える
変えるというわけではないが、
コミュニティにポンと入ってみて、
どんな人がいるのかを感じてみると、自分が珍しいことが分かる

こういうアニメを見ていると、周りにアニメ好きが集まるが、
一歩外に出ると、アニメを見ていない人が多い
2016年の春アニメ何がいいかなんて調べてる人はほとんどいない

いまだにAKBを応援している人なんていない
でもネットの中だったら結構いる
そういう世界から抜け出すと、自分がコンテンツホルダーになる

それで、自分の個性に気づくことができる

動画作れるのってすごいんだな、

そういう風に、一歩外に出ることによって、自分の個性が見つけられるんじゃないかなと気づけるのではないか

気づきが得られるブログの作り方

自己満より、気づいてもらうブログがいいよという話

ブログで人の抽象度を高める
だから、日々の気づきを発信して、
読んでくれた人の視座を高めるようなブログを書くと良いよ

世の中、気づいたことを言ってる人は多い
そういうブログは割と多い

でもそれだとまだ弱い

実際、アクセスも集まってないし、
それは何が違うのか?

気づきというのが、自己完結している

つまり、結局日記になっている

ブログというのは、自分の活動記録ではない

そういう風に書いている人、そういう目的ならいいけど、
ブログを通じて商品やサービスを売るなら、
ただの自分の活動報告ではなく、
読んでくれた人との関係性を作っていくのなら、
活動報告では、読み手としては他人のただの独り言

読んでくれた人と関係性を深めるには、
他者に問いかけることが必要

ちょっとむずかしいけど、
その人も、自分がやった経験を疑似体験してもらい、
ブログを読むことで同じように抽象度が上がる体験をしてもらう

それが関係性を作っていくブログには必要

じゃあどう書いたらいいか?
自分が気づきを得るプロセスと同じで、
気づきを得るときはアンテナを立てている

どうしたら今のお客さんに自分が持っているコンテンツをもっと理解してもらったり、
お客さんが成長してもらえるのかとか、一日のテーマを持って情報発信をしていると思うが、

まずそこが最初

だから、記事の最初に、読者さんにアンテナを立ててもらう必要がある
だからタイトルで、
「成功するための3ステップとは?」みたいな問いかけを作ったり、
リード文でいきなり「~~があって、」ではなく、
「今日は、~~についてやります、なので、みなさんもそれについて考えながら読んでほしい」と語りかける

こういう映画を見て、
そのシーンを見た、
そのときに気づきを得た

という風に、書く。

書いてもらった内容で、読者さんが気づきを得られるかどうかは、
話すテクニックや書き方の具体的なものが必要

まずは、アンテナを立ててもらう
そのためにタイトルやリードをよくよく考えることが必要

自分を客観視することが重要

自分を客観視すること

自分のことをわかっている人とお付き合いしたい

わかっている人とは?
→自分を客観視できる人

自分を客観視というと、難しいと思うかもしれないが、
みんなできてる
というか、みんなできるはず。普通に。

それに対して向き合う勇気がないのが問題

自分に何が必要なのかわかっているのに、できなくて、
やる気が無くなる

そういうときに、楽なビジネスを聞いて
それで色々と説得されて、
その結果、購入にいたり、騙される

騙されるというか、
騙される方が悪い

騙されに行ってる説

自分を客観視できていれば、
自分が楽しているから買いたいと思ってしまう事に気づける。
自分がそれで稼ぎたいと思っているわけではないことに気づける

できていたらそんな風に騙されない

楽したいなって思ってしまう自分の心の弱さ
心の弱さではない。
それは当然のこと。

楽したいからこそ、人間はいろいろな発明をしてきた。

楽したいという、欲

結局、騙される人が悪いといったら極論だけど、
騙されないには、自分と向き合い、客観視する必要がある

評価や弱点について思うこと

【評価について】

自分が今、目指している在り方は
「相手が自分の自己評価を高められる」在り方です。

そのために自分が心がけていきたいと思っているのは、

・まず自分が自分の自己評価を高めていくこと
・相手をきちんと見て、良い面を見つけていくこと
・見つけたら、さらっと言ってあげること
・付かず離れずの距離にいて、相談されたら、「君ならできる!なぜなら~」と言ってあげられること
・相手の理想を言語化してみること
・自分の弱点を晒して、「こんな奴でも生きていけるのか」と思ってらうこと(笑)

っていう感じです。

自分の周りには、まだ自分の好きなこととか、
目指したいところを追究している人が少なくて、
虐げられるように生きている人もいます。

そんな人に、
「あなたにはこんな価値がある」
「そういうことも好きなんだね」
「これやってくれてめっちゃ助かった!」
と、言うことで、

相手が自分の中で気づくことができ、
「これでいいんだ」と思えるような
関わり方をできたらなあと思っています。

【弱点について】

弱点は他の人が活躍するためにある!
と聞いて、自分の弱点を探してみました。

弱点について、しばらく目を向けないでいたので、
ちょっと面白い時間になりました。

僕は言い出すことが苦手なんだなあと総じて思いました。

サイト制作や写真・映像をずっと学んできて、
ある程度上達してきたのですが、
それが仕事やお金にはつながらなくて。

それはなぜかというと、
自分の持っているスキルであったり、
価値であったりというのを伝えてこなかったからです。

相手が察してくれるなんていうことはまず無くて、
だからこそ、自分がそれを伝えて、
相手に知ってもらう必要がある。

これまでは、まだ自分にはスキルが伴っていないから、お試しで・・・
みたいな感じだったのですが、
これから、フリーランスとしてやっていくのなら、
どんどん積極的に伝えていく必要があります。

そのためには自己評価を高める必要があるし、
「有料でやろうと思っています」
と言える勇気を出したいなと思っています。