タイピングで伸び悩む人が速度を上げる方法

どうも、ムシューです。
寒くなって手がかじかんでタイピングがやりにくくなる今日このごろ。
それに関連して(?)今日はタイピングの話を。

 
この記事の対象は、ブラインドタッチができるようになった人とします。
ブラインドタッチが出来ない方でも役に立つかと思いますが、
出来ていない方は、まずキーの配置を覚えることに専念して下さい。
継続してガシガシ打ちましょう。

ブラインドタッチが出来るようになったものの、どうもそこからスピードが上がらない。
ブラインドとか余裕。とか言っちゃいつつも、タイピングサイトのランキングを見れば、
上には上がいて、あそこにはどう到達しようか迷う方に向けて書かせていただきます。

ブラインドタッチができるようになるまでは、また後日書きます。

続きを読む →

新年に考えたい、目標達成のコツ!

目標設定をしても、「目標達成」まで至ることって少なくないですか?

「一年の計は元旦にあり」とよく言われますが、皆さんは昨年立てた目標を達成できたでしょうか?

今年こそダイエットするぞ!とか遅刻しないぞ!という小さなものから、金持ちになる!海外旅行する!家を建てる!といった大きなものまで、様々な目標設定をすると思います。

目標を設定するまではいいんです。現在の自分を信じて、高いプレッシャーを与えるっていうことですから、素晴らしいことだと思います。

ただ、やっぱりせっかく設定した目標なんですから、達成したくないですか?っていうか、達成しなくちゃ意味ないですよね?

そこで今回は、「目標達成のコツ」をお伝えしようと思います。

目標達成のコツ、それは端的に言うと、「目標を小さく分けること」です。

例えば、金持ちになる!という目標を達成しようと考えるなら、具体的にいくら欲しいのか?を考えます。
ここでは年収1000万を目指すことにしましょう。となると、月収は85万程度ですね。
じゃあ月に85万稼ぐにはどうしたらいいんでしょうか?
会社員であればどの役職なら月85万もらえるのか、コンサルタントなら、月額10万のコンサルを9本、クリエイターなら30万の仕事を月に3本。
というように、達成目標が具体的に出てきます。
そしたら、どうやってその稼ぎを出していくか?ということをもっと具体的に考えていく事ができます。
その役職に就くためにはTOEICが必要とか、もっと集客が必要とか、質を上げる必要がある等です。
そうしたら、最終的に「今日からやること」が見えてきます。
英語のリスニングをする、ブログを毎日書いて集客する、本をもっと読む等です。

ポイントは、具体的に具体的に詰めていくことです。

なんだ当り前のことを、と仰るかもしれませんが、「目標達成」まで至らない人はここまで具体的に突き詰めて考えていないことが多いです。

もちろん、目標達成には行動力や集中力も必要ですが、目標を小さく分けることで、一つ一つに取り掛かりやすくなります。そのため、結果的に行動に移しやすくなるし、集中もおのずとできるようになります。

例に出したのは、大きな目標に対して物事ベースで考えていきましたが、時間をベースにして、
一年後の目標を達成するために、半年後の目標を設定し、3か月後、一か月後、一週間後、と詰めていき、じゃあ今日からやることは?と詰めていく方法もあります。

私も、大きな目標をどーん!と立てるものの、振り返ってみればあまり達成できた覚えはありません。
この方法を使って、小さく小さくした目標を淡々とこなしていきたいものです。

タスク整理をするの巻

最近は、お仕事が溜まりに溜まり、パンク状態です。
色々なプロジェクトに関わっていて、そこのそれぞれで制作物を依頼されています。
その状態になると、「今、どれがやばくて、どれに手を付けなくてはいけないのか」ということが分からなくなります。
で、結局膨大なタスクの前にただただ立ち尽くし、現実逃避。。。
そして締切間近になって事の重大さに気づき、徹夜。。。

というパターンを繰り返しています。
徹夜でなんとかなるのですが、いつもいつも「なぜ自分はもっと早くやり始めなかったのだ、、、」と後悔しています。
そして、「次こそはしっかりやろう!早めにやろう!」と一念発起。
しかし、結局何もせず、締切間近→焦る→なんとかする→一念発起
の繰り返し。

さすがに自らの愚かさに気づきまして(笑)、今回タスク管理をやろうと思いました。
「タスク 整理」で検索してみると、一番上に出てきたのが、LIGさんのブログでした。
タスク管理を習慣化し、物事を成し遂げるためにやるべき4つのこと

他にも様々なタスク管理法がありますが、タスク管理を調べるだけで一日つぶれそうなので、ひとまずこれを試してみることにします。

要約してみると、やることは下記のことです。

続きを読む →