一つ学び、一つ気づき、一つ実践する

平成進化論というメルマガをずっと読んでいます。

ビジネスの心構えや、営業術などを教えてくれる、
素晴らしいメルマガです。

私が大学1年生の時に出会ったメルマガで、
レバレッジ・リーディング
という本を読んだ時に、
このメルマガを知り、
以来ずっと読んでいます。

 
そんな平成進化論で出てきたキーワードが
「一つ学び、一つ気付き、一つ実践する」
という言葉です。

続きを読む →

自分が楽しいと思う世界を表現すること

「Facebookだと友達限定だし、もっと外へ発信したいな」
と思い、ブログを立ち上げました。
しかし、イマイチ何を書いたらいいかよく分からず、
ブログを書こうにもどうも書く気になれませんでした。

Google先生に相談すると、
人の役に立つ記事を書こうとか
SEOを意識したタイトルとか
どうもピンと来ないことが語られていました。

確かに、人の役に立てる記事を書ければよいですが、
そういうハウツー系の記事って、大体既に書かれているじゃないですか。

そう考えたら、自分が書く必要はないなーと思ってしまいました。

「自分の理解につながる」という利点もありますが、
そこで間違えていれば読み手としては大迷惑ですし、
やっぱり「既に同じ記事がある」という時点で書く気はだいぶ失せ、
画像を載せて分かりやすくするという労力をかけられません。

そんな感じにブログ内容の悩みを頭の端で考えながら、日々生活をしていました。

そんな中、私の尊敬している方の音声を聞いていると、
「世界観」の話が出てきました。

そこで世界観とブログ内容の悩みがリンクし、ピーン!ときたので、
忘れないうちに書いておきます。

「自分が楽しい!って思う世界をそのまま書く」

これに尽きるとわかりました。

まず、世界観とは、「考えていること、思っていること」です。
価値観にも似ています。
価値観=自分が価値を感じること、とここでは定義しています。

簡単に言うと、
「世界観=自分の頭の中の世界」です。

自分の知っている知識、持っている意見、好み
それが自分の頭の中の世界を形作っています。

で、ブログでは自分の世界観を書くのですが、
ただ思うことを書くのではなく、
自分が楽しい!と思うこと(=楽しい世界観)を書くことで、
読んでいる方にもその楽しさが伝わります。

自分の楽しい世界が伝わるのです。

例えば、カメラが好きな人がいれば、
「カメラが好き」という世界観を発信することになり、
「NikonのDf最高!この操作感が素晴らしい」
とブログに書きます。

すると、
「うんうん、そうだよねー」と同じ考えを持っている人や
「NikonのDfってどんなカメラだろう?」と興味を持っている人が
その人のブログを読みます

そこで「Dfでの撮影は楽しい!キレイ!」と熱く語っていると、
「お、じゃあ自分もやってみようかな」と人に広がっていきます。
そこからコミュニティが広がっていったり、
既存のコミュニティに入れてもらえたり、

そしてそこで出会った人の世界観に出会い、
また自分の世界観が広がる

その世界が好きならば自分の好きなモノの領域が広まるわけで、
あーなんて素晴らしいんだ、と。

だからひとまず、
「自分が好きなモノを好きだと言おう」
ということです。

あなたの好きなものはなんですか?
それを素直に周囲に言っていますか?
言っているのに理解されないなら、ネットで言っちゃいましょう
絶対に、あなたの好きな世界に共感してくれる人がいるはずです。

ちなみに、私の好きなもの・ことは
創ること、Adobe、カメラ、ソフトを使いこなすこと、若い人が主人公の小説、
ピアノ、タイピング、iPhone、アイドル、深い青春アニメ、Webデザイン、
プログラミング、F12開発ツール、Mac、ラブライブ、君嘘、
落ち着いてるけどおしゃれな服、季節を感じること、空、夕日、外の匂い、
戦略を練ること、全力をつくすこと、人前で話すこと、参加型国際理解ワークショップ、
人と会うこと、ほろよいすること、嫌われる勇気、心理、誰かと旅すること
好きなことの勉強をすること、コブクロ、miwa、自分と向き合うこと、人と向き合うこと、
じっくり考えること、英語、動画編集、Web制作

考えてみたら、意外と多いものですね(笑)
今後は「今、好きなもの・こと」について語るブログになると思います
よろしくお願いします